清水アキラの息子の事件

清水アキラの息子の事件について、親である清水アキラがテレビで謝罪しました。
親としての気持ちがよくわかります。

 

私と清水さんはほぼ同世代。
若いころ、ハンダースの活躍も見ていました。
親としては、やりきれないでしょう。

 

「子どもは、親の思うようには育たない」わけですから。
悔しい思いをしているはず。
「なんで、こんなこともわからないのか」と。

 

私も、よくそう思うことがあるのです。
親と子は、血がつながっていても「別人格」なのです。

 

ここを考えないといけないのですが、親子の情というものがあるから、割り切れない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA