ダニの症状はこれだ

ダニの症状としては、かゆみ、痛み、アレルギーなどがあります。

かゆみを起こすのはツメダニというダニで、ダニの症状としては、刺された時は気づきませんが、8~48時間後に腫れてかゆみが出ます。

ダニの症状としてかゆみは一週間ほど続き、跡がしばらく残ります。

刺される部位は、膝から股、腕の柔らかいところ、脇の下、首から胸などです。

アレルギーの原因となるダニがヒョウヒダニです。

ダニの症状としては人それぞれで、鼻炎や喘息、アトピー性皮膚炎、結膜炎などの症例として現れます。

ダニの症状は時期を問わず1年中起こります。

ネズミに寄生して、ネズミが屋内に生息しているダニや、ネズミの死骸を捨てる時、ネズミの巣を捨てる時にイエダニが発生し、人を吸血します。

皮膚の柔らかい腹部や太ももから好んで吸血し、ダニの症状は赤くただれ、かゆみが続きます。

ツメダニの被害が夏に集中するのに比べて、イエダニは年中を通してダニの症状を発生させます。

ダニの症状があまりないのは、顔ダニと呼ばれる、ニキビダニは、ニキビとは関係なく、人の98%は持っているという無害なダニです。

アウトドアで注意したいのがマダニというダニです。

7~10月が多い時期で、ダニの症状である血を吸う時のかゆさや痛みを抑える働きのある物質を含んでいるため、ダニが付着していることに気付かないことが多く、長時間にわたって吸血されます。

直接のダニの症状は、皮膚が腫れてひどいかゆみを起こすことです。

被害に遭った時は無理にダニを引き剥がそうとせず、応急処置として食いついた周辺部を消毒しておきましょう。

ダニの症状は人に疥癬を起こすのがヒゼンダニで、受精した雌は皮膚の中で毎日2~3個の卵を生みます。

ダニの幼虫は産卵後2~3日でふ化し、トンネルから出て毛包内に入り込みます。

また、掻くことによって細菌感染や炎症などダニの症状を起こすこともあります。

手指の股、脇の下、肘の内側、乳房の下、陰部などにダニが寄生し、感染してから症状が現れまでに約1か月かかります。

猫などのペットからダニが感染することもあります。

ダニの症状はほとんどがかゆみや腫れだということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA