毛穴ケアのためのコラーゲン

たるみによってできる毛穴の発生原因は、じつは、コラーゲンの減少によるものだったのです。

老化や、紫外線の影響で真皮のコラーゲンが劣化すると毛穴をまわりから支える力がなくなってしまうため、毛穴が広がってくるのがたるみによる毛穴なのです。

 

また、ターンオーバーの遅れもたるみ毛穴が目立つ原因の一つです。

そもそも、毛穴とは人間にとって必要なものなのでしょうか。ちなみに毛穴は皮膚の表面にある毛が生える穴のことをいいます。

 

そして毛穴は皮膚の皮脂や汗を身体の外へ出すという大事な役割を担っています。このように毛穴には汗腺や皮脂腺などの出口となっています。

毛穴は皮脂や汗を外に出す役割を果たしていますが、その毛穴が汚れなどで塞がれてしまうと、当然ながら皮脂や汗を外に出すことができなくなります。

 

こうなると毛穴の中に細菌が繁殖するようになります。これがにきびや吹き出物の原因となるのです。毛穴対策は毛穴を清潔に保つことから始まります。

角質層に存在するうるおい保湿成分「NMF(天然保湿因子)」はターンオーバーの過程でたんぱく質から分解されて作られています。

 

 

ターンオーバーが遅れると肌の保湿成分「NMF(天然保湿因子)」が作られなくなるので、お肌の乾燥を招きます。

 

毛穴は肌が乾燥してしぼんでいると目立ちやすいので保湿をしっかり行いましょう。

たるみによる毛穴を防止するにはコラーゲンを減らさない努力が必要です。

 

 

方法としてはレチノールやビタミンC誘導体配合の化粧品、ピーリングなどが有効です。

飲む方法も身体の中から肌がきれいになるので、毎日の習慣にしたいものです。

用があります。

 

 

イオン導入器を使用すると浸透力が数十倍(30)倍ともいわれています。

皮脂の分泌もコントロールするといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA