海外就職とビザ

海外就職するにはビザが必要です。

今回はビザの取得を考えます。

海外就職に必要な労働ビザですが、どのようにしたら取得ができるのでしょうか?

まず労働ビザを申請するにはスポンサーが必要となります。雇用主にスポンサーになってもらうことが大切です。

スポンサーなしでは労働ビザの申請はできません。ここはおぼえておいて下さい。

海外就職に必要な労働ビザはスポンサーなしでは申請ができませんので、申請時までに就職するところ、つまり雇用主が決まっている必要があります。

ここで注意してほしいことは、前もってビザを申請することはできないということです。

まずは就職先を決めておくことが労働ビザ取得の前提条件となります。

労働ビザを申請するには、その国で従事する予定の職種の詳細や給与額などが書かれた雇用確約証明書を用意する必要があります。

これは雇用主に書いてもらえます。

それから雇用主の財務状態などの書類、自分の日本での学歴や職務経験などを証明する書類が必要です。

これらの書類をきちんとそろえて移民局などの機関に提出することになります。

海外就職に必要な労働ビザを取得するためには、さまざまな手続き書類や条件があります。

これらの手続きも含めて、労働ビザを取得できる難易度は各国ともさまざまです。

よく言われるのが、ヨーロッパ諸国は労働ビザを取得するのは難しいということです。

また反対にニュージーランドやシンガポールは比較的難しくはないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA