第二の挑戦としての入試

3年前のこのブログでは息子の入試時代だったので、記録しました。

3年前の結果は、旧帝大とよばれる大学に入学できましたが、本人は不満足であったようです。

でも、入試がパスしなくては、希望どうりにはなりませんから。

さて、あれから、3年。

今度は娘の大学入試ですよ。

いちおう国立大学を目差していますが、どうなることやら。

息子の場合は、入試直前に「大きなスランプ」がおとずれ、それを克服できないままに本番の入試を迎えました。

スランプの原因は、

「この大学に、どうしても入りたい」

という学校が見つからなかったからだと私は思います。

偏差値の高い、他人から尊敬される大学

というような、漠然とした志望校の選択では、ややモチベーションが弱いよね。

娘には、そこのところを、まえもって考えさせています。

私は入試は素晴らしい面があると思います。

人生の中で、このくらい勉強に取り組む時期はないと思うからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA