木村政彦と力道山

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか。

面白い本ですよ。

大山倍達正伝もよかったよね。

私にとってのヒーローたちの真実に近い姿が描かれており、興味は尽きません。

さて、木村政彦。

私は最初に「空手バカ一代」で、木村VS力道山のことをしりました。

そのときの印象は、

「力道山、卑怯なり」

という感じ。

大山倍達は木村側の人間だから、当然、「空手バカ一代」の表現は木村政彦が正義。

力道山は「悪」の役回り。

この「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」も、力道山が卑怯な手を使ったような論調。

かわいそう、という表現をしては失礼かもしれないが、この本を読んで、木村政彦がかわいそうに思えてなりません。

一流の格闘家たちのコメントについても、

「最初は台本どおりだが、途中で、急に力道山が台本を無視した」

というものです。

一流の格闘家がみれば、それはわかるはず。

突然、台本を無視されてしまうと、これは、もう、どうしようもないわけです。

この試合を見ると、力道山の身体の鍛えた感じは勢いがあるよね。

たしかに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA