紫外線を防ぐ服装

日本で生活していれば、太陽が照りつける夏を無視することは不可能です。

紫外線の影響を受けずに生きていくのは難しいので、日焼け防止に役立つ服装について検討してみましょう。

基本的な考え方としては、肌の露出を出来るだけ抑えるということです。

日焼け防止クリームを体中にたっぷり塗るという方法もありますが、たくさん塗ると肌に負担がかかってしまいます。

さらには、多くの商品は汗などで流れてしまうというネックがあるので、クリームを塗っておけば絶対に大丈夫とは言えません。

肌に紫外線がつきささるとよくない影響があらわれるため、肌が出ている部分を減らすことが重要です。

屋内では着ないようにして、外では薄手の上着を羽織ると良いでしょう。

理想的にはいつも長袖を着ることですが、熱がこもって熱中症を引き起こす原因にもなりかねません。

夏の時期になると、長袖でも通気性が良く快適な服も目にするようになります。

そういった服を着るようにすれば、熱中症を避けながら日焼け防止対策をすることができます。

さらについつい忘れてしまう足も日焼けしてしまわないように気を配りましょう。

夏場はサンダルを履く人が多くなりますが、足は普段からあまり紫外線を浴びない場所です。

なので、わずかに紫外線に当たるだけでも、直ちに日焼けが進む恐れがあるので、なるべくスニーカーを履くようにしましょう。

サンダルはおしゃれの一部だからというときは、日焼け止めのスプレーを活用するなど対応策を考えましょう。

服装だけを気にするのではなく、外にいる時間を出来るだけ短くして、外では日陰を歩くよう心がけるだけでも対策として有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA