海水浴と紫外線

海水浴に行きたいけれど、日焼けするので気が進まないという人が多いようです。 

それなら、水着姿で日焼け防止に努めるためにはどんなことを行えばいいのでしょうか。

 

 

理解しておきたいのが、UPFについてです。 

これは、服の紫外線防止指数を示していると頭に入れておきましょう。

 

 

日焼け防止クリームを使えば、クリームを塗っておいた場所が紫外線を阻害することになります。 

UPF加工が行われた水着なら、クリームを使ったときと同様の効果が得られます。

 

 

表記はUPF20やUPF50といったようになっているので、店先で水着をよく見てください。 

最近では水着になるのは良くても黒くなりたくないという人も増えているので、UPF加工済みの水着は多くあります。

 

 

ただ、水着と言えば露出が多くなる服装です。 

UPF加工されている水着を着ていても、水着に覆われていない場所は紫外線の影響を無視することはできません。

 

 

それゆえ、UPF加工済みの水着を利用してから、水着からはみ出す部分は日焼け防止クリームを塗るなどして対応策をとってください。 

出来るだけ肌を焼かないために、生地が長くひざ下まであるものや、首周りを覆えるようフードがついたものも選べるようになっています。 

 

肌が見える水着は素敵ですが、美肌を目指すならばUPF加工された水着を選ぶといいでしょう。 

休むときにはパラソルを使うなど、海辺ではなるべく日陰に入るように気を付けてください。 

 

気をつけていても焼けてしまうことも多いですが、そうなったときは早く肌ケアをし美白につなげることが最良です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA