紫外線と健康

かつては、子供は外で黒くなるまで遊ぶのが健全だと考えられてきました。

しかしながら、最近は赤ちゃんの頃から極力紫外線を防ぐように努める必要があると言われています。

しかし、何故に日焼けを防止することが求められるのでしょうか。

一番の原因は、健康被害を起こす危険性が考えられるからです。

皮膚がんになる可能性が高まることはよく耳にしますね。

でも、皮膚がんの危険性以外にはどういった影響があるかを分かっていない人も大勢いるようです。

紫外線はそれ以外にも、白内障の原因となったり、皮膚の免疫力低下を引き起こしたりします。

また、美容の面でも良くない影響を与えます。

シワやシミの一因にもなりますので、女性ならとりわけ日焼け防止の対策を心がけたいですね。

昔ながらの日焼けサロンは随分減ってきましたが、肌が受ける被害を意識しない人はまだサロンで肌を焼くことがあるようです。

サロンで人工的に日焼けする場合も、日光の下に出かけるのと同じ肌への悪影響があります。

体への悪い影響は年を取ってから出てくることも多いので、若い時期から対策を心がけておきましょう。

晴天のときだけでなく、曇りの日、雨の日も焼けないように防ぐ必要があります。

しかしながら紫外線量が最大なのは晴れているときです。

天気が良い日の紫外線の強さをまず100%と想定してみましょう。

そうすると、曇っていても、50~80%くらいの紫外線が到達しています。

降雨時でも日焼けの可能性はあるので、夏は毎日紫外線を防止するよう心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA