日焼け対策ケアの方法

十分に日焼け防止対策をしていたと思っていても、想定外の日差しの強さで日焼けを防ぎきれないことがあります。

そうした場合もあきらめずに、すぐケアを始めましょう。

最初の段階でヒリヒリと痛いときは、冷えた水で冷却することが重要です。

日焼け部分がヒリヒリ痛むというのは、肌がやけどの状態にあるということです。

怪我の手当てのつもりですぐに手当てをしましょう。

氷を肌にそのまま当てるのは肌への負担も少なくないため、氷を使う場合はタオルに包んでから日焼けの箇所に当てて治療しましょう。

そして、肌に直接水分を補給しておくことも大切なケアです。

日焼けした肌は水分が足りなくなっているので、保湿作用のある化粧水やクリームを塗ってしっとりさせましょう。

理想としては、化粧水は美白成分の入ったものを選ぶと効きます。

中でも、20代を超えている人は、シミ防止のために手を打たなくてはいけません。

美白できる化粧水は、メラニン色素がしみこまないように防ぐ働きもしてくれます。

この二つのことがベースとなる日焼け肌のケアとなります。

どれくらいの時間で元のような白い肌になるかというのは、それぞれ違うので、一概にこうとは言えません。

なるべく早く白く戻りたいというのなら、サプリメントで必要な栄養素を摂ると良いでしょう。

美肌を作る成分であるビタミン・ミネラル・コラーゲンを摂ることが良いでしょう。

睡眠不足というのも肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

ストレスをなくし、たっぷり眠ることも日焼け悪化の防止に繋がるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA