シミをつくらない紫外線防止

シミを予防したいのなら、なるべく日焼け防止を心がけることが大切です。

シミが生まれる理由の大部分が、紫外線の害だということはすでにご存じの方も多いと思います。

紫外線を受けてしまうと肌は、防御作用が働きメラニンを作ります。

メラニンはシミを作る物質なのですが、肌を紫外線の害から守るという理由で作られているものなのです。

普通の状況下では、メラニンはシミに変わることなく排出されていきます。

新陳代謝がうまくいっていない場合に色素が沈着し、肌に残るケースがありますが、これがシミの正体です。

10代後半までの方なら、新陳代謝が非常にスムーズですので、多少の日焼けであってもシミにはなりません。

それが、年齢が上がるほど、新陳代謝は自然に低くなっていきます。

いくら注意していても、夏場の外出ではシミにつながる可能性があることを意識しましょう。

シミを防止するために幾つかポイントがあります。

まず、ミネラルとビタミンが不足しないように留意しましょう。

ミネラルはビタミンが活性化するためのサポートをします。

それから、ビタミンは肌の健康を生み出すための働きをしています。

シミの生成を防止するには、紫外線を受けないように行動することが肝要です。

年若いときから日焼け防止を心がけていた人は、年を取ってからも肌がきれいです。

加えて、ターンオーバーという肌の代謝機能を活性化させることが重要です。

規則正しい日々を送るようにし、肌のお手入れにも気を配り、健康的な肌になるよう努めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA