しみ発生の原因

シミが出現すると、できるだけ急いで消去したいと考えるのではないでしょうか。

ただシミがあらわれた要因を把握しないと、たとえ様々なケアをしたとしても、効果が最大限発揮されることはありません。

正しい治療法を見つけるために、自分のシミの原因を突き止めてみましょう。

シミが発生する原因としては3つの要因に大別でき、中でも最大の原因は紫外線です。

紫外線が皮膚にダメージを与えないようにメラニン色素が生成されて、肌に残ることでシミとしてあらわれてしまうのです。

年齢が若いうちは紫外線への対策を行っていなかったために、今はシミが目立つようになってしまったと嘆く人も実はたくさんいます。

シミにつながるとされているもう一つの原因は、ホルモンバランスが正常ではなくなることです。

生理や妊娠が原因と思われるシミに悩まされた経験をしている女性は少なくありません。

妊娠しているときに発生したシミが産後自然に無くなるのは、黄体ホルモンの分泌量がゼロへと推移するからです。

生理や妊娠以外のホルモンバランスの乱れによってシミができたら、婦人科系の病気を疑う必要があります。

シミの原因が思い当たらず体の調子がいまひとつだと感じたら、婦人科での受診をおすすめします。

近頃はそれほど多くあるわけではないですが、化粧品などにかぶれることによってできるシミもあります。

遺伝が要因となってそばかすに悩まされる人もいます。

しょっちゅうそばかすができる年代は、それ以外のシミとは全く違います。

通常のシミが20代~50代とされていますが、そばかすに関しては5歳児あたりから見られ、10代になると目に見えて多くなります。

自身にできたシミがどの種類となるのか明確にできない際は、皮膚科の医師に相談するのがよいでしょう。

シミは顔の印象を暗くするので、消すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA