たるみを治すための睡眠

顔のたるみを治すには睡眠を取るべし。

たるみのない肌のはりを維持するためには、ターンオーバーを乱れさせないこと。

ターンオーバーは、不規則な生活や、紫外線、ストレスなどによって乱れてしまいます。

たるみ解消には、スキンケアを念入りに行ったり、サプリメントで栄養を補給するなどの方法がとられます。

顔のたるみの解消の基本は「睡眠」です。

睡眠には、消耗した部分を修復する効果があります。

体力の回復だけではなく、お肌のダメージを補う時間でもあるのです。

睡眠の肌修復活動が盛んになるのが、夜の10時~深夜2時といわれます。

就寝直後から3時間位までの間がよいのです。

眠っている間に、肌のダメージや身体の疲れを解消する成長ホルモンの分泌が盛んになります。

成長ホルモンは、熟睡すると放出量は多いのです。

なので、たるみの解消や、肌のはり、潤いをキープするには、「熟睡」が大切なのです。

睡眠不足になると、てきめんに肌の状態、髪の毛の状態にもよくない影響が出てきます。

顔のたるみをなくし、肌のはりが大変な状態になる前に、十分な睡眠を取っていくことです。

なにごとも、対策が大事。 たるみのない顔を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA