紫外線を防ごうよ

いろいろな健康被害などから、紫外線の防止対策は不可欠とされているのですが、紫外線には長所もあります。

ビタミンDを皮膚で生成する為に必要なのが紫外線です。

紫外線を防止しすぎるとビタミンDの欠乏を引き起こします。もしビタミンDが欠乏した場合に起こりうるのは、

くる病を発症し、骨の痛みや体重増加時には骨折などの症状が起きることです。

少しの時間で良いので毎日紫外線を浴びることで、精神病の治療や生態リズムを整えることができるでしょう。

あえて紫外線を浴びるようにする治療方法もあるそうです。

紫外線防止することだけが健康維持の為に良いことであるとは言い切れないのです。

健康維持のために必要なのは、適度な日光浴です。

子供の成長にとって、外遊びなどは重要な要素です。

成長に必要不可欠であるカルシウムを、効率良く体へ吸収させる作用のあるビタミンDを生成することができるという利点があると考えられるのです。

紫外線による健康効果は、紫外線を浴びることでの健康被害だけを重視し、紫外線防止を過度に行なうだけではほとんど得ることはできないのではないでしょうか。

紫外線防止で健康被害を防ぎ、尚且つ紫外線の利点を理解した上で紫外線と上手く付き合う方法を考えていくことが大変重要と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA