紫外線を防いで美と健康キープ

紫外線による肌への影響を気にする女性は多いようですが、紫外線の影響と防止についてお話します。

特に日焼けによるシミなどを防止し美くしく白い肌を保つために日焼け止めなどの紫外線防止策を行っている人が多いようです。

お肌の大敵と一般にいわれているのが、紫外線です。オゾン層が破壊された地球では、年々紫外線が温暖化が進むことで多くなり、その紫外線を警戒する声も高まっているといえるかもしれません。

健康被害が起こるということで、紫外線の防止の必要性があるのです。人間が紫外線に長時間さらされると、皮膚、目、免疫系へ急性、もしくは慢性的な疾患を引き起こす可能性があるとされています。

紫外線の防止対策はこのことからも欠かすことができないといえます。

紫外線に含まれるUVAやUVP、UVCは皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え皮膚の加齢化を促進します。

美肌の大敵とされるしみやシワの原因とされるのが紫外線によるダメージなので、紫外線防止用の化粧品やクリームの使用でUVケアをすることが必要不可欠なのです。

肌への紫外線による健康被害として皮膚がんの可能性などに影響を及ぼすこともありえるというのが、いちばん心配なことです。

皮膚がんの原因となるのがUVBとされており、癌などの突然変異を、UVBがDNA配列の混乱、複製の中断などを発生させることで引き起こしてしまうかもしれません。

なぜ紫外線の防止対策が不可欠なのかが納得できる話だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA