日焼けを防ぐ

紫外線に気を配って対策をしても、日焼けの全くない肌にはなれません。

肌が紫外線のダメージを受けたときに役立つ、日焼け後の対策方法についていくつかご紹介します。

太陽の光にさらされて皮膚が赤くなってしまっているなら、それはやけどと似た状態です。

日傘やつばつき帽子、カーディガンなど、紫外線を通さない新しい道具が次々と登場しています。

日焼けのダメージを緩和するため、まずはよく冷やします。

炎症のおさまり具合の目安は、肌のちりちりした感触が消えるくらいです。

その後、保湿用化粧品を使います。

肌から失われた水分を補充するためにたくさんの化粧水を肌に染み通らせ、仕上げに乳液や美容液を施します。

美容液を浸らせたコットンで日焼けのひどい部分をパックし、水分補給の駄目押しをするのもいい方法です。

もう一声欲しい時は、保湿クリームの使用がいいようです。

日焼けの症状が一段落し、新しい皮膚が作られてくると古い角質層が3~4日かけて少しずつ剥かれていきます。

気になって無理に剥がしたくなるかもしれませんが、無理に剥くと肌に負担をかけてしまい赤くムラになる原因となります。

自然にむけるのを待ちましょう。

何回も繰り返して日焼けをしていると、そのうちに新しい皮膚を作るサイクルが乱れ、細胞の増え方がおかしくなってしまう場合がありますので気をつけてください。

あまり日焼けをしすぎると、肌には悪影響となります。

紫外線を浴びない生活をすること、日焼けをしてしまった時に対策をきちんと取ることが美肌では欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA