紫外線と薄毛・ハゲの関係

紫外線は薄毛やハゲを招くのです。

日焼けこそは老化の要因であり、皮膚にとっては良くないものですが、頭皮と毛髪にとってもよくないわけですよ。

夏の時期にレジャーで屋外での運動などは健康的で良いことです。

けれども屋外に長くいればいる程、大量の強い紫外線を浴びることを意味します。

現代ではみなさん日焼け予防にUVケア関連の製品などに相当気を使っています。

ところが頭皮や毛髪への対策は、やや、おろそかになっています。

紫外線、日焼けと言うものは家の中といえども影響があり、安心できません。

窓からの日差しにも、日なたの約50%の紫外線が含まれているのです。

紫外線が皮膚に当たることで、皮膚は老化します。

頭皮も皮膚なので紫外線を浴びると薄毛・ハゲ原因となります。

毛髪も、紫外線の影響でダメージを受けます。

ダメージによってキューティクルが破壊され、その結果枝毛が多くなるわけです。

キューティクルは髪のもっとも外側にある組織ですから、壊されてしまうと毛髪の中の水分、たんぱく質が出て行ってパサパサになります。

髪の毛は、細胞としては既に死んだ状態とはいえ、傷んでダメージを受けると、その毛髪は再生できません。

紫外線を防ぐには、単純ですが帽子を被ること。

女性ならUV対策として日傘も準備したいものです。

帽子は通気性の良いものを選びましょう。

帽子の中が蒸れるとハゲ原因となる細菌類が繁殖してしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA