おねしょ撃退法

尻にお灸をすえるとおねしょが治るとされていたからでしょうか。

おねしょが治らないことが理由で、尻にお灸をされていたら、子供が可愛そうに思います。

お灸を尻にすえなくても、そもそも、おねしょは自然と治るものです。

大人になってもおねしょが治らないとなれば、子供が自分でどのようにおねしょを治すかを子ども自身が考えれば良いと思うので、お灸を尻にしようなんて考えてもみませんでした。

しかし、インターネットで様々なサイトを見ていると、小さい頃、お仕置きとして、お尻お灸をされていた人もいるようですね。

お灸を尻にされて、その方は善悪の判断がつくようにでもなったのでしょうか。

体罰はいけないことと一概には言いませんが、お灸を尻にするのが良いとは思えません。

おねしょを治すためにお灸を尻にするというのも、良いとは思えません。

もしも、おねしょをしたとしても、尻にお灸をしようとは思いませんね。

それに、お灸の跡が尻に残ってしまったら、それこそ、子供が大人になったときに恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。

おねしょを治すには、尻にお灸をするよりも、子供が大人になるまで、温かい目で見守ってあげる方が効果的なように思います。

ですから、寝ている間トイレに行く回数も減るでしょうし、おねしょも自然と治りますから、尻にお灸をしなくても大丈夫。

その記憶がトラウマにでもなってしまったら、可愛そうなのは子供ですね。

インターネット上には、尻にお灸をしなくてもおねしょを治す方法や、上手な子供の叱り方など、子育てに関する情報がたくさん掲載されています。

これらを参考にして、尻にお灸を必要としない親子関係を築いてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA