牛乳パック小物入れの活用法

小物入れを作る方法はいろいろありますが、もっともポピュラーなもののひとつが「牛乳パック」を使用した小物入れでしょう。

どこの家庭にも必ずといっていいほど出てくるゴミである牛乳パックを、実用的な小物入れに変えてしまおうということです。

工作をする子供向けテレビ番組でも、しばしば牛乳パック小物入れを見かけます。

お子さんのいる家庭でしたら、牛乳パックにも不自由しないでしょうし、親子で一緒に牛乳パック小物入れを作っても楽しいのではないでしょうか。

小物入れを作ると言っても、中に何を入れるかによって作り方は変わると思います。

例えば私なんかは、ペン立てとして使おうと、牛乳パックの小物入れを作りました。

ただパックを半分に切って、包装紙を巻きつけただけの簡易な小物入れですが、なかなか長持ちしています。

他に、消しゴムやクリップなどを保管する小物入れも、牛乳パックで作りました。

これは牛乳パックを半分ではなく、もっと浅く皿のような形に切ったものです。

そして先ほどの、ペンを立てた小物入れと同じ包装紙を使えば、あっという間にお揃いの小物入れが完成です。

「しょせん手作りじゃ見栄えが悪いし???。

たしかに、牛乳パックがどんなに大量にあっても、入れるものがなければ小物入れだけが増えて邪魔になるだけです。

そこでそんな方には、机の中の仕切りとして、牛乳パック小物入れを使うことをオススメします。

自分では気付きにくいのですが、意外と散乱している机の中を、小物入れで整頓するのです。

私の場合、メイク道具、文房具、趣味のビーズなどなど???引き出しの中は荒れ放題でした。

そこで登場したのが、この牛乳パック小物入れです。

無料であるということが、この小物入れの最大の魅力です。

それに、全ての小物入れを同じ色の折り紙などで装飾し見た目を統一すれば、整頓されるだけでなく、より綺麗な空間になるでしょう。

ネット検索で簡単に作り方は出ているので、皆さんもぜひ牛乳パック小物入れを作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA