毛穴ケアの基礎と実践

毛穴が目立つと「美」という観点からはマイナスですよね。

むきタマゴという表現がありますが、そんな感じの肌を見ると男女をとわず、心地よいです。

毛穴からは皮脂が分泌され、皮膚は、皮脂がその表面を覆うことで水分を保つ働きもします。

皮脂が毛穴にたまった状態で放置されると、角栓となってしまいます。

角栓になると毛穴をふさぐので、働きを鈍らせます。

顔は肌が薄いので、毛穴が開いてしまうと毛穴は目立ってしまう感じです。

夏場で汗をかきやすいときは、皮脂の分泌が多くなります。

また寒い冬には開いていた毛穴は引き締まります。

肌の乾燥はターンオーバーの乱れにつながり、毛穴が開いてしまうことになり、また角質層の育成を妨げて、毛穴のトラブルとなります。

季節によって繰り返されるうちに、毛穴はいつも開いたままになり、元に戻らないケースもあるのです。

毛穴の開きは、年齢を重ねるとコラーゲンが減っていくため、皮膚は緩んだ状態となります。

そうなつと毛穴が開いたように見えてきます。

毛穴は美肌にとっては大敵です。

毛穴と美肌に関係が深いです。

肌は水分がなくなって乾燥してしまいます。また、弾力が失われて肌のきめもなくなります。

しわ、たるみ、肌荒れ、毛穴の開きなどのトラブルが発生しやすくなるわけです。

毛穴のトラブルを防ぎ、毛穴をケアすることが重要なことはわかっていることと思います。

美肌をキープするには年齢と共に失ってしまう保湿成分の補給が大切です。

毛穴ケアでは、保湿に重点を置くことが基本となります。

毛穴に水分がたっぷりと行き渡って毛穴が目立たなくなると同時に、キメ細かなスベスベ美肌にもなります。

毛穴ケアではスキンケアに使用する化粧水などに、ビタミンC誘導体を使うことで、美肌効果を目指します。

化粧水を使ったスキンケアの後は、保湿をしっかり行うために、保湿成分の高い乳液やクリームを塗るようにしましょう。

保湿もすんでスキンケアができたなら、十分な睡眠をとり、毛穴のケアとして心地よい眠りを目指しましょう。

毛穴のケアを目指したスキンケアによって肌が乾燥することもなく、美肌をキープすることが可能となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA