シミ対策のノウハウ

シミが顔にあると、なんとなく不幸感をかもしだします。

実際に、顔にシミやクスミがあると人生に、少し影をおとすこともあるのです。

ですから、シミのないツヤツヤ顔を目指しましょうよ。

シミはメラニン色素が沈着してできます。

皮膚科の医学的な用語では色素沈着をいいます。

シミだけではなく、そばかす、にきびの跡や傷の炎症後の色素沈着もシミと言ってもいいのです。

そばかすは雀斑斑ともいわれますが、そばかすとシミとは分けられることが多くあります。

そばかすはシミよりは軽くかんがえられることがありますが、やはり真の美肌とは言えない状態ではあるのです。

にきびの炎症により赤く変色しているとき、適切なスキンケアをしておくことが大切です。そうしないとシミになって跡が残ることがあります。

シミやそばかすは化粧である程度は隠せるものです。

けれども、あくまでも「隠す」というだけなので、シミ解消と予防が必要です。

シミの予防ではなんといっても紫外線を防ぐことが重要です。

日焼けで紫外線を浴びてできたシミは、自然に消えてしまうことはありません。

ダメージを受けています。

シミのない美肌のために少しでも早くケアすることが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA