紫外線を徹底して防げ

漠然と、「紫外線(UV)は夏に多いだろう」と考えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

だから紫外線(UV)対策も夏になってから・・・そう思っていらっしゃいませんか?

しかし、それでは遅すぎるのです!

紫外線(UV)は、桜の花が咲きはじめる3月ごろから増え始めます。そしてピークを迎えるのは、6~7月ごろです。最も気温が高く、したがって日焼けを気にする人が多い、8月は、むしろ紫外線(UV)の量は下降気味なのです。

したがって、春先から紫外線(UV)対策をすることが非常に重要です。また気温は低くても、つまり秋から冬にかけても、紫外線(UV)は、なくなったわけではありません。確かに夏のピーク(6月)と比べると、12月~1月は6分の1ほどに減ります。しかし、だからといって安心し、紫外線(UV)を浴びている時間が多くなってしまったら、浴びる量は結局、同じになってしまいますよね。紫外線(UV)対策を考えるときには、年間を通じた総量を考え、冬でも対策を講じる必要があります。

紫外線(UV)対策について、もうひとつ、知っておくべきことがあります。それは、紫外線(UV)は、直射日光だけに限られないということです。地面や水面からの反射光も決して、バカにできないのです。

しっかりと帽子をかぶって「上」からの紫外線(UV)の攻撃を防いでいるつもりだったのに・・・アスファルトの照り返しがあなたの肌を「下」から直撃していた・・・なんてことにならないよう、しっかりと「上下&左右」から紫外線(UV)対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA