顔のたるみはどういう仕組みか?

顔のたるみの仕組みはどうなってるの?

顔のたるみは、年齢を重ねるにつれて気になってきますよね。

顔のらるみによる老化現象こそは、あなたの美貌を台無しにしてしまうおそれがあるからです。

顔のたるみと言うのは筋肉がゆがんで起こっているものです。

みなさんは顔のたるみ対策は何かしていますか。

このたるみ対策しだいであなたの顔は20歳程度印象がかわるものなのですよ!!

顔のたるみの仕組みを解説しましょう。

顔にはさまざまな筋肉があり、それが表情を作っており、総称して「表情筋」という表情筋が40種類以上もあります。

表情筋は顔全体に張り巡らされているのです。

年齢とともに真皮層にあるコラーゲン、エラスチンなどの成分が少しずつなくなってきます。無くなって来ると顔のハリが失われてきます。

この「ハリ」が失われてくると、表情筋を支える力が無くなり、表情筋がダラリと垂れ下がってきてしまうという事になるわけです。

また年齢を重ねてくると顔の筋肉そのものが少しずつ少しずつたるんできてしまうのです。これが一般的に「たるみ」と呼ばれているものになります。

その顔にできたたるみに「折じわ」が出来てしまうと「しわ」になってしまいます。

また、コラーゲンとエラスチンは加齢によって自然と減少してくるものなのですが、だからと言って若い方も油断してはいけません。

これらの成分は紫外線でも破壊されていることがとても多いのです。若い方で外に出る機会が多い方は特に気をつけたほうがいいかもしれませんね。

また、皮下脂肪の重みに、筋肉や皮膚が耐えられなくなってしまうために、たるみというのは起こります。よって太る事により顔のたるみというのは発生してきてしまうのです。

それとは逆に、太っていた人が急激に痩せてしまうと皮膚が余ってたるんでしまうというのもあります。

ですので、急激にダイエットをして体重を減らすと言うのは私は勧めしません。

私の周りでも2~3人ダイエットの成功はいいのですが、代わりに顔がシワシワになってしまった人もいるのです。

張りを考えた痩身を考えるべきなのです。

スリムになっても、顔がフケてしまうともったいないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA