まぶたのたるみ

まぶたのたるみを防ぐ方法について。

まぶたのたるみが、まだそれほどたるんでいなくて、たるみの原因が皮膚のたるみであれば、まぶたのたるみは毎日のケアで解消することができます。

体自体の老化対策を欠かさず、肌の老化防止にも努力すれば、まぶたにたるみが発生することは、かなりの程度で防げます。

まぶたの部分をマッサージすることで、たるみ部分が適度に刺激されるので、血行がよくなり、たるみが解消されるのです。

マッサージを1分間ほど朝と晩に実行し、さらに眼の周りを指の腹でパタパタとタッピングすると、効果はいっそう出てきます。

マッサージ方法ですが、目じりからまぶたのたるみを通って鼻までの間を、中指と薬指でなぞるようにします。

何度か、まぶたを通って目じりに戻り、目じりから頬を通ってあごの辺りまで刺激をするようにマッサージをします。

年とともに肌が老化するわけですが、それ以外にも大きな要因があります。それは紫外線です。

紫外線の刺激も肌を老化させるのです。

紫外線の刺激で肌成分のコラーゲンやエラスチンが壊されると、肌の弾力がダワンするので、手当を十分に行いましょう。

紫外線の刺激でまぶたのたるみを悪化させないためには、夏の時期だけでなく、秋、冬でも紫外線をカットする化粧品、つまるUVカットは必要です。

まぶたのたるみを手当する化粧品としては、アイケアクリームや眼の下専用のパックが販売されています。

肌のハリを取り戻すことができると、まぶたのたるみはグングン軽減するので、目じりやまぶたに効果の高い美容液を塗り、保湿成分を肌に与えましょう。

またまぶたの周りを丹念にマッサージすれば、まぶたのたるみは解消できてきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA