紫外線を浴びないで若さをキープ

紫外線を浴びなければ、人間の老化は遅らせることができます。

4月ごろから、紫外線(UV)の量は急激に増え始めます。

気温はそれほど高くないのに、紫外線(UV)は一気に増えてきます。

まだ夏ではないといって、安心はできません。

紫外線(UV)は、たとえ雨や曇りの日でもまったくないというわけではありませんし、部屋の中でも、いくらかの紫外線は降り注いできますので、万全を期すことが重要なのです。

5月のゴールデンウイークのころから、デパートでは、紫外線(UV)対策グッズが店頭にならびはじめます。

紫外線防止の専用のコーナーができ始めるのもこのころですね。

紫外線のことを考えると、本当はもっとずっと前から準備が必要です。

というより、年中紫外線対策をするのが正しいのです。

紫外線(UV)対策では、手軽なのは、日焼け止めです。

お化粧の下地代わりになる乳液タイプのものが多く、ファンデーションにも紫外線(UV)対策の作用があるものが販売されています。

紫外線(UV)対策のコーナーには、日傘、長袖のシャツ、ひさしの大きな帽子、さらには室内にいても紫外線(UV)をカットするための方法としてすだれや日焼けシェードなどもあります。

私の意見では、「どれかひとつ実行する」というのではではなく、総合的に紫外線(UV)をカットし、少しでも紫外線(UV)を浴びる量を減らすという方法がいいと思います。

日傘や長袖のシャツなどは、白色よりも黒い色調のものが紫外線予防効果が大きいです。

最近では紫外線(UV)を吸収する特殊な加工を施した布地を用いたシャツや帽子、日傘が売られています。

日傘専用ではなく、雨傘にもなるタイプが便利です。

車を運転されるかたには、腕の保護のためにアームカバーが便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA