老けるな

日焼けとは紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状のことをいいます。

日焼けこそが「人を老けさせる」元凶なのです。

日焼けは、人体を老化させます。

たしかに日光も大切です。

けれども紫外線を浴びすぎてはならないのです。

日焼けといおう現象を説明すると、皮膚表面にメラニン色素が沈着した状態ということです。

日焼けは普通、太陽から皮膚への紫外線照射、また紫外線人工灯などを使用した場合の皮膚への紫外線の過剰照射の結果として発生するのです。

太陽光線で、皮膚が受けた紫外線が、メラニンの保護する力では及ばなかった場合に、日焼けしてしまいます。

メラニンの保護能力のレベルにより、肌が黒い人は白い人に比べて日焼けしにくいというわけです。

紫外線が、日焼けにつながるその根源なのです。紫外線には3つ種類があり、長波長紫外線、中波長紫外線、短波長紫外線に分けられます。

日焼けの原因である紫外線には、発ガン性物質が含まれているので長時間外にいる際はUV効果のある日焼け止めクリームを付けた方がよいです。

日焼け止めクリームなどを使用すると、肌は紫外線からのダメージを直接受けないですみます。

日焼け止めクリームには、日焼け後の肌のほてりを抑えるような効果もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA