紫外線を浴びたらシミできる

紫外線の肌老化作用を述べてきましたが、若々しい容姿を維持するには、日に焼けないよう注意することです。

肌老化を考えるにあたって、それぞれの生活習慣が原因となっていることは説明してきましたけれども、どのような生活習慣が肌老化を招いているかを調べていくことにしましょう。

肌老化に影響を与える生活習慣を知ることで、自分の生活習慣を見直して、肌老化を防ぐための生活習慣を身につけ、美人を守り、維持するのです。

紫外線の老化作用

肌老化には内的要因としてストレスが影響を与えているといいましたが、外的要因で一番考えられるのはなんといっても、紫外線ではないでしょうか。紫外線は肌に影響を与えるだけでなく、最終的には皮膚がんを誘発してしまうのです。紫外線は夏場だけでなく、1年中気をつけなくてはいけませんので要注意です。また、室内でさえ紫外線は入り込んでいますので、神経質になりすぎてはいけませんが、留意しましょう。

紫外線の害

肌老化には紫外線は大敵であることは、もうご存知でしょう。紫外線の影響は3年から5年後に肌に現れるといわれています。私もシミ治療のときに、医師から「あなたの中学生時代の野外活動が、今のシミを作ったのだと思う」といわれたのですから。若いからといって紫外線対策を怠っていると、数年後に痛い目をみることになりますので注意が必要。夏以外でも紫外線が強い日もありますし、曇りの日でも紫外線はありますので油断は禁物。

紫外線によるシミ作成

紫外線を受けて日焼けした肌は、新陳代謝のリズムが乱れてしまいます。そのためシミの元となるメラニン色素が肌に残ってしまい、皮膚の内部に沈着してしまいます。これが後々、シミとなって現れてきてしまうのです。紫外線から肌を守る対策は怠らないようにしましょう。

ちなみに、シミができてしまったら、私はレーザー治療がオススメなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA