紫外線を浴びたら、対策を即効で行う

紫外線による日焼けほど美人をだいなしにするものはありません。

わたくし事ではありますが、シミとりのレーザー治療を受けるときに医師のお話があったのですが、シミだけでなく体の老化は紫外線にあり、ということを教えていただき、紫外線に非常に興味をもったのです。

まあ、紫外線の理論も大事ですが、「どう対処するか」がこのサイトの主眼です。

紫外線を長時間浴びてしまい、焼けてしまったらまず冷やすことをおぼえておいておく必要があります。

肌が赤くなるほど日焼けをしてしまった場合、アイスノンや冷タオルなどを肌に当て、ほてりをしずめます。

その日の入浴やお酒は控えることも大事です。色素沈着を防ぐ効果があるビタミンCを摂取するのもおすすめです。

私も日に焼けたと思う日は、ビタミン剤や、ハイシーや、あるいはハイチオールCなどを普段より多くとります。

紫外線を浴びないように、外出時には日焼けを防ぐ服装を心がけることも大事です。

日焼けを防ぐ服装とは、洋服なら袖や襟のあるもので肌の露出を少なくしましょう。紫外線カット効果があるものは、白い生地よりも色のついたものが良いです。

帽子の場合は、全体につばのあるものが良いでしょう。日傘を低めに差すのも有効です。

紫外線は現在地球規模の環境問題と密接に関わっています。

オゾン層フロンガスなどの影響で破壊されていることはご存知だと思いまが、オゾンホールはフロンガスが禁止された今でも、年々広がっているといわれています。

オゾンは大気中では微量な存在に過ぎませんが、太陽から放射される紫外線の大部分を吸収し、地上にほとんど紫外線を到達させない役割を担っています。

南極圏でのオゾンホールは、オーストラリアやニュージーランドの南部にまで広がることがあります。そのため、この地域での紫外線の増大は、帽子をかぶらないと肌が荒れてしまうほど強烈であるといわれ、人類の健康に無視できない影響を及ぼすようになっています。

紫外線の恐ろしさを示す一例として、昔はよくいた「殿様ガエル」がいなくなったのは、紫外線の影響をモロに受けたためだともいわれています。

私はもちろん美容面で紫外線を排除し、日焼け止めを完璧にするようにしています。

あくまでも私の美意識においてですが、やはり紫外線の影響を受けにくい地域の人がキレイです。

韓国とか、北欧の人とか、肌がキレイなのは紫外線が少ないせいだと考えます。

2008年の北京オリンピックでは各国の美人アスリートを見たのですが、こう言ってはなんですが、日焼けをするスポーツと日焼けをしないスポーツでは、日焼けをしないスポーツには美人というか、美肌の選手が多かったですね。

日本の選手で言えば、卓球の福原愛さん、バドミントンのオグシオ体操競技の女性。

肌がキレイですね。

彼女らは、室内競技のせいで、肌がキレイなのでしょうか?

屋外スポーツの女子の選手は、もちろんそれぞれ魅力的ではありますが、美人というか、美肌という点では、素晴らしいとは言えない選手も多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA