紫外線対策で若さあふれる美肌

日焼けを防ぎ、紫外線の害を受けないようにしていると、若さをキープでき、美肌になれます。

美肌の美人では松田聖子さん、チェ・ジウ、ソン・ヘギョ(秋の童話・韓国ドラマ)など、みんな美肌色白の美人ですね。

あこがれますし、ライバル視してます。負けたくないわ(←ムリっぽい)。

私がこんなにも恋い焦がれる白肌なのに、現在ではファッションの一つとして日焼けをしたり、小麦色の肌を「健康的」と考える人も意外に多いようです。

適度な量の太陽光線は皮膚のビタミンD合成に役立つ為、以前は母子手帳でも赤ちゃんの日光浴を推奨していました。

でも、多くの皮膚専門医は、美容の大敵であるしわ・小じわ、たるみ・肌荒れの約80パーセントは過剰な紫外線が原因であるとしています。

また紫外線は皮膚を老化させ、がんの危険性を促進するとされているのです。

皮膚が紫外線にさらされると体内ではどういう変化が起こるのでしょうか?

紫外線はまず第一にメラニン色素や血液の赤い色素(ヘモグロビン)に吸収され、そこで熱が発生し色素周囲の細胞がやけどした状態になります。

次にヘモグロビンが発熱すると、皮膚の表面に酸素や栄養を供給している毛細血管もやけどした状態になります。

これが一般的に「日焼け」と言われるものです。

そして紫外線はさらに奥へと進みこみ、活性酵素の中でも最も有害とされるヒドロキシラジカルが大量に発生し、細胞自体が変化するのです。

ヒドロキシラジカルは肌の弾力を保つたんぱく質コラーゲンを細かく破壊する酵素(コラゲナーゼ)を多く作り出し、破壊していきます。

これが深いシワが刻まれる大きな原因です。

次に肌の老化現象の一つである「シミ」は、紫外線がメラニンをつくり出す遺伝子に傷をつけるのが原因とされています。

またこの変異により免疫力が低下することはさらなる危険を招くのです。

ウイルスに感染しやすくなったり、「脂漏性角化症(老人性挽贅)」といった良性腫瘍から「日光角化症≒基底細胞がん≒有練細胞がん」などの悪性腫瘍が出来やすくなります。

わずか三分間太陽光を浴びるだけで、コラーゲンやエラスチンなど真皮の組織成分が変性してしまうのです。

ゆがんでしまった皮膚の細胞構造は、ダメージがじわじわと蓄積し元に戻すことは不可能です。

紫外線が肌に与えるダメージをしっかりと認識すること、そしてオゾン層の破壊による過剰な紫外線を防ぐために私達が出来ることを一日も早く実践する必要があります。

一日の中で紫外線のピークは、午前10時から午後2時この時間帯の外出はできるだけ控えるようにします。

外出時には、帽子や日傘・手袋・サングラスを利用したり、日陰を歩く、日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策をとりましょう。

松田聖子さんの紫外線対策は、それはもう完璧らしいわ。

撮影で野外に行ったときなど、太陽の光があたらぬようガードがすごいらしい。

それだからこその、あの美白肌ですね。

紫外線を浴びて皮膚がんを発症するまでには、およそ40年かかるといわれており子供の頃から紫外線対策をスタートして早すぎることはありません。

大人が積極的に心がけてあげましょう。

また、あなたの子供が中学、高校でテニスやハンドボール、ソフトボールなど野外の部活を始めた場合、親としては、

「今は平気と思うけれど、毎日シミ爆弾ができているので、できるだけ日やけ止めクリームを塗りなさい。30代で今作ったシミ爆弾が作動するわよ」

くらいのことは言ってあげてもいいのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA