虫さされダニって一体どんなもの?

虫さされダニとは、虫さされのようになってしまう症状が出るダニのようです。

虫さされダニにさされたところは、普通の虫さされと違って、小さなポツポツが二つできます。

主に人を指すダニをツメダニと言います。

この虫さされダニに刺されると非常に痒く、皮膚炎を起こすこともあるそうです。

虫さされダニは血を吸いませんが、一週間程度痒みとポツポツは残ります。

イエダニも虫さされダニで、吸血します。

虫さされダニの血を吸う場所は、もも、わき腹、下腹部など、柔らかい所をさします。

キャンプなどアウトドアでさされる虫さされダニはマダニです。

一度口をさしこんだマダニは、吸血か終わるまで1~2週間ほどは身体を離れない虫さされダニです。

虫さされダニは血を吸い終わると飽和して重みで落ちるようです。

非常にやっかいな虫さされダニです。

虫さされダニにさされたあとの写真やダニの写真がインターネットにたくさんあります。

虫さされダニの口の形状からなのか、二か所ポツポツと赤みがあります。

ツメダニは多少他のダニより大きく、ツメが付いています。

虫さされダニは噛むだけのものと吸血性のものとがありますが、どちらにしても迷惑なものです。

虫さされダニは比較的皮膚の柔らかいところをさすので、余計に痒く、気が付くのが遅れます。

掻きすぎると炎症を起こしてしまうことがあるので、虫さされダニのかゆみがひどい時は市販のダニ用虫さされ薬でも塗ってみてください。

虫さされダニはどこにでも潜んでいます。

布団の中、ソファの間、部屋の埃など、虫さされダニのいない家庭などほとんどないと言っていいでしょう。

やはり駆除は難しく、数を減らす程度にしかできないのが虫さされダニの現状です。

虫さされダニに刺された時は、ほとんど気が付きません。

後から赤いポツポツを見て、虫さされダニにやられた、と思うのです。

虫さされダニが実際目に見えたら気持ち悪いですが、知らない間に取り付かれていたのだと思うのも気持のいいものではありません。

基本的に虫さされダニにさされないようにする手段はありませんから、部屋をきれいに保ち、湿度を下げておくことです。

それだけでも虫さされダニからの攻撃は回避することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA