しみ対策はターンオーバー改善から

しみ改善に取り組む前に、しみの原因をもっと詳しく説明をしていきましょう。

しみの原因は主に紫外線です。そのため日焼けこそはシミにとっては大敵となるのです。

しみ取りでしみ改善をする以前に、まずは紫外線をどうやって防ぐかが重要になってくるわけです。

しみ取りを頑張っても、結局紫外線予防をしていかないとしみは次から次へと現れます。まずは紫外線からどうやって素肌を守っていくかを常に意識していきましょう。

ちなみにトップアイドルたちは、ある雑誌記事で読んだのですが、徹底した紫外線防止対策をしているようです。

とくに海辺での撮影などでは万全の日焼け止め対策だそうですよ。

それでこそ芸能人たちの白い美肌、シミのない美肌はキープされるわけですね。

人間の皮膚にはターンオーバーという働きがあります。

ターンオーバーとは簡単にいうと、一定の周期で肌が生まれ変わるということで、ターンオーバーは紫外線を浴びることで周期に乱れが生じてしまいます。

そのため皮膚に溜まってしまったメラニン色素を除去することができなくなります。これがメラニン色素の沈着を進めてしまい、しみとなってしまうのです。

しみの原因であるメラニン色素ですが、実際は紫外線から肌を守る働きがあり、実は皮膚にとってはなくてはならないもの。

しかしこのメラニン色素は加齢などが原因となって新陳代謝の働きが弱まっていき、しみとなって現れてしまいます。

しみ取り効果的におこなっていくには、まずは紫外線から肌を守りつつ、ターンオーバーをきちんとできるようにしていくことが必要です。

紫外線から身を守り、十分な肌ケアをしていくことがシミ解消には大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA