肝斑はシミの治し方と違う

肝斑は最近注目をあびている言葉です。

 

両頬に浮き出てくる薄茶色のシミで、肝斑と呼ばれるものがあるのですね。

 

肝斑は見た目にはシミです。

 

最近販売された「トランシーノ」というクスリの宣伝で、

 

「そのシミは肝斑ではないですか?」

 

みたいなセリフがあり、一気に全国区の言葉になりました。

 

妊娠をきっかけに肝班ができる方も多いです。

 

頬だけでなく、鼻 おでこ(前額) あご にも肝斑ができます。

 

家族性・遺伝性があるようだと疑われており、身内に肝班がある場合には肝班が発症しやすいとのことです。

 

 

最近カンパンについての治療希望者が大変多くなりました。

 

トランシーノの宣伝と関係があるのでは?

 

カンパンの方はじっさいかなり多いのですが、肝斑(かんぱん)は治らない(治せない)シミだと言われていました。

 

肝班はレーザー治療が使えません。なぜならレーザー光線でシミが黒くなってしまうのです。

 

これでは逆効果なのです。

 

肝斑の治療したけどきれいにならなかった方も、今では光治療できれいにできる技術が開発されています。

 

最新の技術を取り入れているところで、肝斑の光線治療を相談してみてはどうでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA