小顔へのマッサージ術

小顔と大きな顔では、どちらが良くてどちらがわるいということは、当然ですが、ないです。

ただし、女性の場合は小顔の方が、かわいい感じを与えるわけですね。

スタイルの良さにも通じますしね。

八頭身という言葉がありますが、顔が大きいと、比率的にバランスが悪くなってしまいます。

小顔になるには、骨格、代謝、ホルモンバランス、精神的に安定していることです。

骨格は個人差がありますが、あごの問題(かみ合わせ)から「ずれ」を生じ、ゆがみとなったり浮腫みの原因になりますが、あごの問題は、心理的なことも絡んできます。

代謝は特に水分代謝が大事で、女性は特に、「冷え」が気になります。

冷えをお持ちの方に、浮腫みの方が多く、腎臓のトラブルをお持ちの方にも多いです。

身体を心から温めることです。

小顔になるにはホルモンバランスも大切で、女性にはホルモンバランスの周期があります。

周期によって身体の変化は顕著です。アロマテラピーでコントロールは可能ですので試してみるのもいいかも。

そして、小顔になるために大切なものとして精神的安定があげられます。精神バランスを保つのは一番難しいかもしれませんが、小顔になるには重要ポイントです。

上記の全ての問題を一気に良くもし、悪くもします。

精神状態をよく保つためには、まずは自分の時間を作ってください。

1日10分でも、鏡に向かって自分を「がんばってる」「きれいになる」と語ってあげてください。

そして、自分の好きな香りを使用したアロマオイルで、首のリンパから顎のリンパを優しくなでてあげてください。

心地よい香りが、ホルモンバランスや骨格のゆがみ、浮腫みを軽減してくれるでしょうから、試してみる価値ありますよ。

更に小顔マッサージも小顔になるには効果の高い方法。

小顔マッサージは、お風呂に入って充分暖まった時にやるのが小顔になるには効果的。

まず、頬骨にそって指先を使い、鼻のすぐ横から顔の外側に向けてマッサージします。皮膚をこするのではなく、肉を揉む感じで力強くマッサージします。

小顔になるには筋肉のたるみを解消することが必要。

そこで、「下から上に」を意識しましょう。

次に顎のラインにそって指先を横にスライドさせるようにして、中心から左右同時に外側にエラまでマッサージするのです。

小顔になるには、顎のラインは軽くリズミカルにやりましょう。これを10セットやったら、仕上げに冷水を顔に2、3度かけ、てのひらでパタパタとたたいて引き締めます。

小顔になるにはリンパの流れがよくなり、むくみが取れ、顔の余分な脂肪も燃焼されます。

また小顔になるのと同時に美肌を手に入れることもできます。

ぜひ、小顔デビューに向け小顔になるマッサージをお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA