コロナ禍の中で豊かさを引き寄せる

2021年12月13日現在。

日本列島はコロナ禍のなかにあります。

世界中がコロナの危険を感じているのです。

四国の田舎の私の町も例外ではありません。

「感染したら、村八分になる」

という恐れがあるわけです。

ゴミ捨てもままならないのです。

「お前は、ここにゴミを捨てるなよ」

などと言われます。

村社会のいやなところです。

コロナ禍により、多くの産業がダメージを負っているのです。

飲食業は特に悲惨。

旅行会社も悲惨。

その一方で、消毒薬の会社、ワクチン関係の会社などは儲けが大きくなっているのですね。

どんな状況になっても、光と闇が発生するわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA