ケンカ自慢と格闘家の対決動画を楽しむ

ユーチューブで人気の企画。

格闘家が街を歩き、ケンカの強そうな相手に「スパーリングしませんか?」と申し込む。

意外とケンカ自慢は自信があるらしく、「いいですよ」と応じることが多い。

もっとも「相手はプロだから、多少手加減するはず」との思いもあるだろうが。

動画を見ていて思うことは、街中にはケンカの強い奴が少なからずいるという事実。

思い出してみると高校時代、同学年400人の中には、やはりかなり強い奴がいたからね。

街中には少なからず腕自慢がいる。

そう考えると、ケンカをしないように気を付けるべきだと思うのです。

うかつにケンカするとボコられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA